幸せなカップルをお手本にする

○幸せな恋人や夫婦と会う

幸せなカップルを見てあなたはどう思いますか?なんでそんなに幸せそうなのかその秘訣を知りたいと思いませんか?
それとも羨ましい、自分はそうなれないと嫉妬しますか?

もしあなたも同じように幸せなパートナーシップを築きたいと思うのなら、幸せなカップルからうまくいく秘訣を学ぶことも必要です。

○周りに話を聞いてみる

うまくいく夫婦やカップル、残念ながらパートナーシップが長続きしなくて離婚を選択してしまう夫婦もいます。

どちらもこれからの人生、参考になることばかりです。夫婦問題についてはあまり語りたくないという人もいますが、もし聞ける機会があればぜひ参考にしてみてください。

そこには幸せになれるヒントがたくさんあります。

○パートナーがいるすばらしさ

うれしいこと、悲しいこと、人生には多くの出来事があります。パートナーという存在は、幸せも悲しみも共有できる存在です。

これから起こるいろいろなことについて、パートナーはその一部始終を見ているのです。

それはあなたの親友でもできないことです。
もうひとりの私、といってもいいでしょうか。

私にも大事な友達はいますが、残念ながら友達は私の代わりにはなれません。

喜び悲しみは共有することもできますが、やっぱり深いところでつながるのはパートナーです。

これからの人生でたくさんの思い出を共有できるのがパートナーです。

私がパートナーがいて良かった思うのは、パートナーとの結婚生活が長くなるにつれ話題が増えるということです。

「あのときの旅行はサイアクだったね」とか「あの店で食べたウナギの味は忘れられないね」とかそういうことが数年、数十年先になっても言えるってすばらしくありませんか?
本田健さんも、別の著書でも素敵なパートナーを持っている人は幸せな生活を送っていると言っていました。

○うまく長く続いているカップルの特徴

10年、20年、パートナーとの生活は自分の親との生活よりも長くなります。
そんな中で幸せに年を重ねていっているカップルとはどのような人たちでしょう?

私がこの本の中で心に残ったエピソードが、本田さんが50年以上幸せに結婚生活を送っている夫婦の家に滞在したときの話です。

彼らは70歳になっても一緒に毎晩お風呂に入りケラケラと笑いあっていたそうで、こちらも幸せになったと書かれていました。

本田さんが「ずっとそうだったのか?」と聞いてみると
「死ぬほど努力した!」と彼らは笑いながら答えたそうです。

私もこんな夫婦になりたいと思いました。

○今回のまとめ

うまくいくこともあればいかないこともあるのが人生。パートナーシップも同じことです。そのときに、もう駄目だ、と思うのか理解し合おうとお互いに努力していくのか。

うまくいっているカップルが身近にいたらそれは幸せをおすそわけしてもらうチャンスです。いいことはどんどん真似しましょう。