大好きなことをお金に変えるには?

○オリジナルブランド戦略、キャッシュポイント(現金化)

大好きなことをして生きるための戦略、「自分ブランドづくり」「キャッシュポイント」について説明します。

大好きなことをして生きていくと決めた時、まず考えるべきことは「あなたのキャッシュポイントはどこなのか」ということです。

「キャッシュポイント」とは文字通り、あなたの「好き」がお金に代わる場所のこと。これを見つけ、それにあわせて自分の大好きを磨いていくことが大切です。

まず自分がなにが大好きなのかをリストアップしてみましょう。そして、そのリストから「大好き」と「大好き」の掛け算をして新しい「自分ブランド」を作ってゆくのです。

例えば、私の場合なら大好きな「手品」と「人に教えて喜んでもらうこと」「子供と触れ合うこと」から「子供向け手品教室」なんてものはどうでしょうか?たったこれだけでもなかなか見ないサービスが出来上がりました。

○分かち合いの場を作る

しかし「自分がそれを大好き」ということを考えているだけでは上手く軌道に乗りません。

お金のことばかり考えていてもうまくいきませんが、お金のことを忘れてしまってもいけません。

そこで考えるのが「分かち合うこと」と「キャッシュポイント」です。お金を得るためには人に価値やサービスを提供し、相手が対価としてお金を払うという「分かち合い」が必須です。

その分かち合いの場を提供するのが「キャッシュポイント」なのです。

○5つのポイントが必要

「キャッシュポイント」は5つの円、すなわち人が求めることの円、人が喜ぶことの円、時代にあったことの円、経験があることの円、自分が得意なことの円の重なる点のことを言います。

この掛け算がキャッシュポイントの内側にあるようなら、サービスは上手くいく可能性が高いといえるでしょう。

そうでない場合、別の掛け算を考えてみたり、あるいは先に自分の好きなことが5つの円のどこに入るのかを考えてみるのもよいでしょう。

もちろん、経験を積んでから、得意になってからその「大好き」をキャッシュポイントに変えるというのも大いにアリです。

○まずは無料で提供してみる

キャッシュポイントが決まったら、次は大きくしていきましょう。

個々の5つの円を大きくしていけばよいのです。とはいっても時代の流れを変えるのは少し大変ですから残り4つを考えることになります。

例えば、質に磨きをかけ「得意なこと」の輪を広げたり、どうやったらオンリーワンのものやサービスを提供できるかを考え「人が喜ぶこと」の円を広げるのです。

「大好きなことをお金に変える方法」について話してきましたがいかがでしたでしょうか。「いきなりこんな大きなこと出来ないよ」という方でも大丈夫です。

まずは友人に試してもらったり無料で提供してみたりして感覚をつかんでいきましょう。
あなたが大好きなことに没頭して生きていける日を楽しみにしています。