大好きなことを分かち合う

○大好きなことをして生きる第一歩は分かち合うこと

大好きなことをお金に変えるといってもどこから始めていいかわからない。そんな人のための記事です。

自分が大好きなことがわかっていても新しいことを始めるのは勇気がいること。特にこれから大好きなことを仕事にして生きていこうと考える人にとってそれはなかなか大きな第一歩でしょう。

ここでは大好きなことをお金に変え始める最初のステップについてお話します。

「大好きなことで生きていく」といったとき、人は「大好きなことを見つける」→「大好きなことを仕事にする」→「大好きなことでお金持ちになる」といったように1マスずつ進むスゴロクをイメージします。

ですが、これだと各ステップで挫折したら前に進むことが出来ず、諦めしまう人が多いのも事実です。

そうした場合はスゴロク型ではなく「大好きなことをすると楽しい」「人に喜ばれた、応援された」「お金が入ってきた」など、動機付けをその時々によって使い分けましょう。

円を回るように大好きなことを続けてみると、案外うまくいきやすいと思います。

○人に喜ばせることはお金になりやすい

例えば「大好きなことは好きだからやる。お金のために始めてはいけない」と思っている人は多いです。

まずはその考えを捨てて、「どうやったら稼げるか」を考えてそれで実際に販売してみることを目標に始めてもいいでしょう。

あるいは「人を喜ばせる」ことを目標に、身近な人に試してもらったり、自分の今の仕事の中にブレンドして楽しむのもいいかもしれません。そのようにして大好きなことを始めたら、自分がどう感じているのか、心の声にじっくり耳を傾けてみましょう。

○自分の大好きを追求することが周りの人を幸せにする

自分はどこが楽しいのか、だけでなく自分はどこが不満なのか、ということもじっくり感じ取ることで自分はどんな形でその大好きなことに関わっていきたいのか、(それを世に広める人になりたいのか、作る人になりたいのか)がより自分の中で鮮明に、明確になっていきます。

大好きなことを続けるうちに、すべての動機づけが満たされてくることに気づくでしょう。

あなたはあなたが好きだったものをより好きになるだけでなく、周りの人をより幸せにし、より大きなお金をそれによって得ることができるようになるのです。

○人を大事にする、人に伝える

このとき気を付けたいのが、「大好きなことを人と分かち合う」ことです。目標は「大好きなことをして生きていく」ことなのですから、お金に変える手段がなければいけません。そしてお金に変えるためには分かち合わなければならないのです。

ただし、分かち合うといってもいきなり会社を作って販売を開始したり、なんてことはする必要がありません。

先に述べたように身近な人から試してもらったり、今の活動にブレンドする方法のほかに、同じようにライフワークをしようとしている仲間と分かち合ってみる方法、無料でお試しを提供する方法、「肩たたき券」のようにプレゼントとして送る方法、学んでいる師匠のところでお手伝いをする方法、などが考えられます。

いずれにせよ、「なぜ自分は分かち合うことをためらっているのだろうか」と考え、その原因を回避できる分かち合い方を考えてみるとよいでしょう。