大好きを分かち合うと、ハッピーな小金持ちになれる5つの理由

○大好きなことをすると、豊かになれる5つの理由

大好きなこととお金を両立させるためには「分かち合い」が重要です。前回はラブマネーやチャンスマネーのお話をしましたが、今回はシェアマネー(共有)についてがテーマです。

早速、5つの理由をご紹介しましょう。

○健さん自身もCDやDVDで分かち合ってる

本田健さんは、多くの講演会やセミナーを行っているだけではなく、その内容をCDやDVDにして販売しています。

オンラインですぐに購入することができますよ。

お金や幸せに関する講演はもちろん、その道の専門家との対談もCDやDVDに収録されています。本田健さんのホームページで直接販売しているので、興味がある人はぜひ見てみてください。

○人に与える

本田さんは豊かさを「分かち合う」ことの大切さを語っています。
人を喜ばせ、儲けさせ、豊かにした人ほど、お金持ちになるんだとか。

「与える人」ほど豊かになれる、その理由を紹介します。

1.お返しがもらえる

人から何か貰ったら、その人にお返しして上げたくならないですか? 人には、お返ししたくなる法則があるため、例えばサービスのいいパン屋さんがあったら「この店で買ってあげたい!」と応援されるんです。

2.広告効果がある

「丁寧な感じのいいお店」「プレゼントしてもらえるお店」など、好印象のお店はありませんか? そういうお店はお客さんと上手に分かち合っているのです。分かち合いは広告効果を生むのです。

3.情報やチャンスが入ってくる

与えることで情報やチャンスが流れてくることがあります。こちらから何か情報を与えれば、「教えてもらったから、お礼にこれを教えて上げよう」という感じに、新情報やチャンスが返ってきます。

4.信頼される

クリーニング屋さんでもケーキ屋さんでも、何かおまけをくれるお店は信用しやすいですよね。人間の心理で、プレゼントしてくれた相手を「いい人だ」と思う傾向があるんだそうです。そのため、人に与えるのが好きな人は信頼される可能性が高くなります。

5.口コミで広がる

何かに感動したら、人に伝えたくなりますよね。豊かさを分かち合う姿勢は人を感動させます。例えば、ラーメン屋さんがでっかいチャーシューを乗せてくれたとか、そういう感動です。感動した人は人に伝えるので、それが口コミとなって広がっていくのです。

○見返りを求めない

「分かち合う」ことが豊かさにとってどうして大切なのか、わかってきましたね。

ただ、NGな「分かち合い」もあるので注意が必要です。それは見返りを求める「分かち合い」です。

「これあげるから、これやって」と見返りを求めてする行動を人は敏感に読み取ります。

これではプレゼントも両者の関係も、つまらないものになってしまうでしょう。

人から何かサプライズで渡されたら、その人にお返しをしてあげたくなる。これはよくありますよね?

食事の約束をして、向こうがお店の予約をしてくれたら、私は何か簡単に手みやげを持っていくことにしています。とても喜びますし、関係もより良くなるのでオススメですよ。