運とお金の関係とは?運はどうしたらよくなる?

○運はどうしたらよくなる?

運のよい人はスムーズに暮らせていますね。
幸運に恵まれるにはどうしたらいいのでしょうか。

本田さんの本をもとに考察していきます。

○運がよい人と悪い人の違いとは?

健さんは本だけでなく、講演会やセミナーで多くのことを語っています。彼のもとにはさまざまな質問が寄せられています。

主に仕事や恋愛のことが多いみたいですね。

例えば、仕事について、本田さんは、お金をもらわなくてもよいと思える仕事を天職だと言っています。

それは、才能がピタリと合う仕事だったり、人を喜ばせたいと思う仕事だったりするそうです。

「彼氏・彼女とずっと幸せをキープするには?」という質問では、本田さんは、恋人同士のパートナーシップについて語っています。

こちらは、Youtubeで聴くこともできるので、気になる方は視聴してみてはいかがでしょうか。

○運にも種類がある

本田さんは本の中で運のよい人と運の悪い人について語っています。

運のよい人と悪い人では、生きるリズムと、「幸せ度」「楽しさ度」が異なるんだそうです。どうすれば、運のよい人になれるのでしょうか。

実は「自分らしく、楽しく生きる」ほど、運が高まっていきます。

また、運には、健康運、金運、仕事運、男女運、人脈運など、いろいろな種類があります。

ですが、それらをバランスよく使うのは難しいのです。

仕事ばかりにエネルギーを注いでしまったり、家族だけに意識を向けてしまい、他をおろそかにしてしまったり、ということがあるようです。

本当に運がよい人は、全部のバランスがいいんだとか。

運はどういうときに変化するのでしょうか。案外、何気ない瞬間に劇的に変化するようです。友達と他愛ない話をしているとき、古い友人にばったり会ったときなどですね。

運というものは、生まれつきの環境によるものもありますが、大半は考え方や習慣と密接に関係しています。

皆さんは、もう運がよくなる方法を知ってましたか?

○運気を上げるために私がしていること

私は一人暮らしをしたいという願望があります。

ですが、まだ、できていないんです。
そういった意味では自分の好きなことをできずにいるんだと思います。

両親やお金が、行動をさまたげる壁になっています。
運が良いとか悪いとか以前に、この壁をなんとかしなくてはと日々、試行錯誤していますね。

健さんの言う運気には色々な種類があって、全部のバランスがいい人が本当に運がいい人だというのは、とてもタメになりました。

私は子供の頃から勉強ばかりさせられてきたので、学業の運ばかりをあげてきたような気がします。