仕事と大好きなことの相関関係

○趣味で終わらせない、大好きなことと仕事の関係性は?

今日のテーマは、大好きなことと5つの仕事の関係性のお話です。
大好きなことをするために、あなたはどんな働き方をしていきますか?

本田健さんは、著書「強運を味方につける49の言葉」の中で、人生の9割は運で決まると言っています。

そう聞くと、夢が叶う人は、ほんの一握りの人だけで、自分には関係のない話だと思うかもしれません。ですが、運というものは、行動次第でなんとでもなるとも本田さんは話しています。

あなたの人生の目的はなんですか?

人生を後悔しないために、運をつけるために、どう行動していけばいいのでしょうか。興味がある人は上記の本を読んでみてください。

○5つの働き方

世の中にはいくつの働き方があると思いますか?
今の社会では、大きく分けて、以下のような働き方があります。

1.パートタイマー、フリーター
2.正社員
3.自営業、起業家
4.ビジネスオーナー
5.投資家

5つのうち、どれを選んでも、大好きなことはできるでしょう。ひとつではなく、複数の働き方もできます。どの働き方をしたいのか、何が向いているのかが大切になってきます。

それぞれの仕事と大好きなことの関係性を見ていきましょう。

○仕事と大好きなことの関係性

1.パートタイマー、フリーター

この仕事は賃金が少なく、経済的に不安定です。指示された通りに仕事ができることが前提となっています。

ですので、大好きなことをしたいと思ったら、「パン屋さんになりたいから今は修行なんだ」など、将来大きく羽ばたくエネルギーをためている時期だと考えてみてください。

2.正社員

この仕事は給料が保証されています。ですが、時間に融通を利かせることが難しいでしょう。スキルや知識が求められ、指示された範囲内で柔軟に動くことがルールとなっています。

正社員で大好きなことができたなら、とても運がいいですね。また、仕事自体が、独立するための勉強だったりします。ただ、会社の都合で転勤や配置換えをされる可能性があります。

3.自営業、起業家

才能やスキルを使って、自分で稼ぐ仕事ですね。誰でもなれる代わりに、保証も安定もありません。時間的には、一番拘束されるのではないでしょうか。人事や会計などいろいろなことを考える能力が必要です。

大好きなことができて幸せかと思いきや、仕事ばかりに身体と心を使って、疲れ切ってしまう可能性が高い仕事です。

4.ビジネスオーナー

ビジネスを所有することで収入を得られます。自分の事業を人に任せたり、会社ごと買ったりする仕事ですね。特許やベストセラーの著作権を持っている人、もしくは稼げる夫を持つ専業主婦などもここに入ります。

日常的な仕事をしなくても収入があるので、大好きなことに費やせる時間が多いですね。

5.投資家

株式や不動産を持つことで収入を得ます。社会の発展に寄与するために、自分の大好きなことや夢を叶えてくれそうな会社に投資することができます。

大きく儲けることもできますが、その反面、落とし穴に嵌ってしまうこともあります。時代の流れを読む能力が求められますね。

○大好きなことを追求するのがお金持ちへの近道

5つの中で私の仕事はどこかなと探してみたら、フリーターでした。

私はフリーライターなのですが、もう少し稼げるようになったら、自営業になるのでしょうか?よくわからないですね。

将来的に本を出してみたいとも考えているので、それがベストセラーになったら、ビジネスオーナーになるのかもしれません。

今よりも大好きなことをする時間を増やしたいなと思っています。