嫌なことを一切せずに、ワクワクすることだけする生き方

○嫌なことを一切せずに、ワクワクすることだけを最優先するには?

決断に早さって必要でしょうか?
決断が早いことが良いことだとされています。

休みたいときにどうしたらいいのかをお伝えします。

○恋愛も一緒

男女が出会い、恋愛を始めたとしても、その情熱のピークは結婚前で後は下り坂だと本田健さんは言います。

もし、ずっとピークでいたければ、お互いに変化していくことが大事なんだそうです。自分の新しい側面や、相手の新しい面を味わうとかそういったことです。そうやって、自分の中にあるワクワクと向き合っていかないと、情熱というものはいずれ冷めてしまいます。

○決断をするベストなタイミングとは?

あなたは何か物事を決めるとき、すぐに決断できる人ですか?
それともいつまでもぐずぐずと決められずにいますか?

場合によって違うという人もいるでしょう。

決断は先延ばしにしたほうがいいという意見があります。

決断をぐずぐずと伸ばすのは、実はいけないことではなく、相手の人格や状況を十分に理解するために必要な時間なんだそうです。

明確に理解したのちに、責任ある行動が生まれるんだとか。

ですから、やる気のないうちは、ぐずぐずして、どんどん先に延ばしてみてください。

少し休んで、自分の気持ちを探ってみてください。

こういった場合、あなたの潜在意識が方程式の計算を終えるまで、時間をかけているのです。

あなたの人生の方程式が難しすぎるのですね。

その計算はしばらくかかるでしょう。

どんなに長くかかるかはわかりません。

ですが、自分がすぐに決断できないからと責めないでください。
周りから非難されても焦らないでください。

○不安と向き合う時間も大切

私にはニートだった時代があるのですが、あるとき、ものすごく不安になって、求人情報を読みあさり、いろんな面接を受けにいった時期があります。

焦ってはいたのですが、内心、まったく興味がなく、嫌で嫌で仕方ありませんでした。

決断はぐずぐずしていてもいいんだ、という言葉をそのときの私に教えてあげたいです。

取るべき道は、本当にワクワクすることを見つけて、それを実行することなんです。

言葉で言えば簡単なことですが、人生に当てはめようとするとなかなか難しいものです。

だけど、私の潜在意識は正解を知っていたんですね。

結局、面接もぐだぐだで全部駄目になってしまいましたから。

ベストなことは決断を延期にすることであって、嫌なことをすることではないんです。

世間の圧力に負けないで、あなたも不安と向き合って、本当の進みたい方向性を見つけてみてはいかがでしょうか。

大好きを見つける方法はコチラ