未来を強く信じて現実する方法

○書道家・紫舟さんに聞く、幸せな成功を手に入れる方法とは?

書道家の紫舟さんと本田健さんが対談を行いました。
2人の話す、幸せな成功を手に入れる方法とは何なのでしょうか?

チャネリングとは、意図的に霊的存在や宇宙人、未来人などとコンタクトを取り、助言等を受け取る手法です。

日本にこのチャネリングが浸透したのは、「バシャール」にチャネリングするというダリル・アンカさんが来日したことがきっかけだと言われています。

チャネリングと似たような言葉でヒーリングというものがありますね。

ヒーリングは霊的なエネルギーを用いた治療法のことです。

目には見えないエネルギーを使っているため、「神秘的な治療法」と呼ばれています。

チャネリングで有名なダリル・アンカさんもヒーリングについて語っています。

ヒーリングとは、「本当の自分に向かって、波動が上昇するのを許可すること」なんだそうです。

それから日本でブームになりつつある「引き寄せの法則」。

お金や幸せなど、自分の望みを強く願うことで、それを自分のもとへ引き寄せることができるというものです。

こちらも霊的、宇宙的なものが作用してきます。

チャネラーのダリル・アンカさんは、本田健さんと対談を行い、引き寄せの法則についても語っています。

その人が強く「信じていること」が現実になるんだそうです。強い情熱に従って行動し、この瞬間に存在し続ける。そうすれば、多くのことが実現するんですね。

○未来をつよく信じて、今を駆け抜ける

書道家の紫舟さんも、本田さんとの対談の中で似たようなことを話していますね。

「どんな仕事でも、強い情熱で取り組む人には、強い運に恵まれ、幸せな成功を手に入れることができる」ということだそうです。

彼女の場合、それが書だったわけですね。書は神様から貰った職業だと思っているとも語っています。間違いなく、書は自分に取って、人生でやるべきことのひとつだと、強い意志を述べていますね。

「これは自分のやるべきこと」と信じられるようになると、人は情熱をかけられるようになるし、幸せな気持ちでそれを続けることができるんだそうです。それから、自分の力だけでなく、たくさんの人に応援してもらうことも大切にするべきだとも言っています。

○努力できることも才能

紫舟さんはとても努力家な方で、夕方5時前から書き始めて、夜の12時過ぎまで書くという生活を続け、小学生の頃に書道の最高位の八段を取ったんだそうです。

それでも、それを才能だとは思わなかった、先生が厳しかったから続けただけ、と語っています。

すごいですよね。

私がそんなに頑張ったのは、受験勉強くらいです。

受験勉強は中学生のときも高校生のときも1年ほどしかやりませんでした。それでも地獄でしたね。

先生が厳しかったとはいえ、小学生のときにそれだけの集中力を発揮できるのは、やはり才能なのではないかなと思います。

ただ努力=お金という意味では、がむしゃらに正社員やパートタイムで働くことは、貧しさを生む可能性が高いですよね。