本当に大好きなことをやる方法

○やりたいことに妥協は必要?

あなたはやりたいことを、今現在していますか?

やりたいことが複数あったときにはひとつに絞って、残りを諦めるべきなのでしょうか。

本田健さんとの対談である「未来は、えらべる!」の中で、バシャールは、ネガティブな感情は癒やすことができると説いています。

感情が存在するのは、それなりの理由があり、その感情の裏の観念を見ることが重要なことなんだとか。

この本の中で、運命は変えられると言うことについても述べています。自分で決めたことは必ず具現化するという強い言葉を残していますね。気になる方は読んでみてはいかがでしょうか。

○なぜ、妥協してしまうか?

自分のやりたいことがたくさんあったときに、その全部をすることは不可能だと思いますか?

それとも、全部やれると思いますか?

旅行もしたい、絵も描きたい、ニュースキャスターになりたい、などなど。

実は全部することは可能です。
むしろ、全部するべきなのです。

「あれもこれも欲張るな。ひとつのことに集中しろ」と世間は言うかもしれませんが、そんなことを聞き入れる必要はありません。

幸せな人生を歩んでいる人は、やりたいことをすべてやっています。

それは、才能があるからできるわけではありません。

ちょっとしたコツ次第で誰にでも自然にできることなのです。
そのコツとは、矛盾した考え方をやめることです。

それは、自分の好きな物事が両立できないと感じたときに、どちらかひとつを選ばなければならないという考え方です。

「二兎追うものは一兎も得ず」ということわざも似たようなものですね。

こういった二者択一の考え方が矛盾を生み出します。

本当は両方ともやることができるのです。

矛盾から抜け出すには、自分の望みをすべて叶えられる方法を探し出す必要があります。

そうすれば、自分の人生を自分自身でデザインすることができるでしょう。

つまり、妥協して「この程度でいいでしょう」と思っていることは、あなたの好きなことではないのです。

○大前提として、飽きることは大好きなことではない

ですが、全部やるのにも、しっかり考えてやらねばなりませんね。

私はやりたいことに片っ端から手をつけていた時期があります。

教材やソフトをたくさん購入して、だけど結局飽きてしまい、ほとんどをゴミにしてしまいました。

本当にやりたいこととは何なのか、好きなことは何なのか、見極めてから始めるべきだと思います。