自分が本当にやりたいことを知る方法とは?

○そのモチベーションは嘘?

仕事や勉強にやる気を持てていますか?
モチベーションは、果たして本気でしょうか?

本当のやる気を起こす方法を紹介します。

カバラ数秘術というものがあります。

生年月日を足し合わせて運気を測ることができるものです。

計算で出てきた数字は運命数といい、運命数には、それぞれ意味があります。

それぞれの相性もわかるようで、これで運命の人が見つかるといいですね。

もちろん、自分によくあった仕事もわかります。調べて計算してみてはいかがでしょうか。

その仕事があなたにとって、一番やる気が出る仕事になるといいですね。

○仕事とモチベーションの関係性

やる気を無理に起こそうとする人もいますが、本来、やる気というものは自然に生まれるものです。
無理矢理に出すものではないんですね。

無理に出す、ということは、したくないことをしなければいけない、ということだからです。

子供時代に親から何も言われなくても遊んだことを思い出してみてください。

親にやる気を起こしてもらわなくても、ままごとや冒険ごっこをしていたはずです。
そして門限になるとしぶしぶ家に帰ったのではないでしょうか。

それから、布団に入ったあとも、こっそりオモチャで遊んではいませんでしたか?

このように、自然に起こすことができるやる気の反面、多くの時間とお金を使って起こすやる気というものがあります。

本を読んだり、セミナーに参加したりして得られるやる気です。
それらでやる気を得ようとしたことがある人もいるはずです。

しかし、そういったプログラムは、外側からやる気を植え付けるものなので、長続きしません。

仕事や勉強など、多くの人がやる気を持てないでいるのは、他人が期待することをしているからなんです。
やる気が持てなければ、能力を出し切ることもできませんね。

○人と違うことをあえてやる

人と違うことをすると、「横道に逸れるな」と言われます。
だから、無理矢理やる気を出して、元気一杯のふりをします。

本当は死にものぐるいで頑張っていて疲れ切っているのにです。

やる気を出すというのは錯覚に過ぎないんです。
やる気は、出すものではなく、内側から自然に沸き起こります。

外部からのやる気は長続きしない上に疲れますが、
内側からのやる気は持続させることができます。

心から夢中になれるものを探してください。
それがあると、人はそれを無心に求めます。ワクワクが前へと引っ張っていってくれるのです。ワクワクは努力して手に入れるものではありません。生まれつきもっている要素なです。

○心がワクワクする物を選ぶ

私もやる気の出る自己啓発の本をいくつか読んだことがあります。

その本を読んで、確かにやる気は沸くのですが、せいぜい3日ほどで飽きてしまうことが多かったですね。

英語の勉強も早起きも、さして興味がなかったからです。

それでは、なぜ、そんな本を読んだのかというと、流行っていただとか、友人に勧められただとか、そういう理由です。

今ではその本を買ったことを後悔しています。

最近は、ちゃんとワクワクするような本を選んで購入するようにしていますよ。