本田健さんとは?経歴は?

本田健さんは神戸生まれの日本人です。

ユダヤ人の大富豪から教わったお金に関する知恵を体系化した人です。

現在は作家。ボストンに暮らしているそうです。

本田健さんは、顔写真をネットで公開しないとのこと。

 しかし!雑誌の対談では、頭の後ろだけを見せてくれています。

健ちゃん

健ちゃん

対談の時の写真

対談の時の写真

出会ったリン・ロビンソンさん

出会ったリン・ロビンソンさん

この写真は直感コンサルタントのリン・ロビンソンさん。

偶然、自宅から車で15分のところに住んでいたそうです。

本当にリン氏に、直感が備わっているのか試したかった本田健さんは、
あえてボロボロの服を着て、自宅をたずねます。

すると
「あなたは大勢の前で講演会をやっている姿が見えるわ」と言って見抜かれたそうです。

という、その時の対談の写真です。きっちり、ロン毛が写っています。

○謎に包まれた本田健さんとは、どんな人?

神戸生まれの経営アドバイサーとなっていますが、今はセミナーや講演会や英文での執筆を

頻繁に行っているとのことです。

「ユダヤ人大富豪の教え」という本が有名ですが、

著書シリーズの累計発行部数は680万部以上なので、僻みを持っている方も多いようです。

娘さんはシンガーソングライター。

歌手をされています。

娘さんのことをあまり取り上げない理由は、

自分の歌唱力で有名になって欲しい思いがあるからだそうです。

良いパパですよね。

○最近の活動

近年は、インターネットラジオ「本田健の人生相談~Dear Ken~」をネットに公開。
1,800万以上が無料ダウンロードされています。

収入が目的ではないそうです。

無料でたくさん広めること、
これはボランティア活動です。

ほかにも育児セミリタイア中に書いた小冊子
「幸せな小金持ちへの8つのステップ」は、すべて無料。

「豊かさと幸せ」をテーマにセミナーや講演会などを、主に都内で開催していて
こちらは有料ですが、ほぼ場所代として消えるでしょう。

○あまり語られてこなかった真実

父親が神戸の税理士さんです。

本田健さんも会計事務所に勤務の経験がありますが、

このお父さんが、お酒に酔って家に帰ると、日本刀を振り回していたという
夜限定のサムライのような方だったそうです。

なんともエキサイティングなお父さんですね。

という経緯もあり、幼い頃から、経営、お金、税金のことを会話していたそうです。

○仲の良い有名人

ワタミの渡邉美樹さん、アントニオ猪木さん、羽生善治さんなど、

芸能人や著名人との幅広い交流があるようです。

○本田健さんの本はパクリ? 盗作?疑惑

本田さんの書籍は、ジョージ・キンダー「お金の達人 7つの教え」や
ロバート・キヨサキ「金持ち父さん貧乏父さん」のパクリだとネットでは言われています。

また、マーク・フィッシャー、オグ・マンディーノさんの本と酷似している点も
指摘されています。

確かに、マーク ハーナッキー、ナポレオン・ヒル、ポール・J・マイヤーの成功法則本に
書かれてあるようなことも、チラホラ出てきます。

実際のところ、様々な成功した人のエッセンスを取り入れた作品です。

本田さんが提唱するIQ・EQは、「金持ち父さん、貧乏父さん」の盗作と批判されていますが、
お金を増やし方、守り方を、独自に体系化した内容になっています。

多少、似ている部分はあるにしても、オリジナル性がまったく無いわけではないので
安易に盗作だと断定することはできないでしょう。

○本当に嘘つき?

Amazonを見ると「無知な読者を惹きつけて、本を沢山売りつける作家」という批評もあるようです。
なんとも、嫌味なレビューですね(苦笑)

確かに本田健さんのファンや信者が、極端に良いレビューを書いたりもしていることも事実です。

ただ、前述したとおり、「お金の知恵を広める、ボランティア活動、普及活動」が
根底にあるので、単純にウソをついて、高額セミナーに参加させるための執筆活動ではありません。

八ヶ岳の研修センターの設立も自腹だそうです。
自腹で、そんなに高額な土地と建物を提供できる人は日本に何人いるのでしょうか?

こうした一連の活動をみても、お金儲けが最優先ではない人物だと言いきれるでしょう。

○結局、どういう人?

私も会いましたが、普通の良いお父さんという印象です。

あくどさは微塵も感じられませんでした。

そもそも、成功本は、いろんな人の本を集めて、あらゆる表現で
わかりやすく「まとめてる」だけです。

基本的には、どれも同じ内容になるため、 それを盗作だと言ってしまうと
本を出版できなくなります。

引用したり、オリジナルに変換したりしているというのが
最もフィットするのではないでしょうか。

○なぜ酷評されるか?

それは本田健さんが子供でもわかるような文章表現をしたために、
簡単に楽してお金が稼げるという印象が強くなってしまったからではないかと推測しています。

そして、実際に行動してみると「なかなか稼げない。ってことは、あいつは嘘つきのペテン師だ!」
という風に、歪んで捉えられてしまったのではないかと思います。

ヘンリー・フォード氏やゲラーさんの成功する秘訣を
日本語に翻訳して、わかりやすく解説しているという意味において、
もっと評価されても良い作品だと思います。

○それでは、「自分探し」人間から脱却するには、どうすればいいか?

当サイトでは、その辺をくわしく紐解いて解説していきたいと思います。

自分探しの旅から帰国するためには、
外の世界ではなく、自己の内面をより深く探り当てる必要があります。

コツは自分自身の感情を掘ることです。

比較対象はいりません。
ようするに、自分の感情を、砂場でスコップのように掘り当てることが超重要なのです。

自分のことが、より深く理解できれば
第一段階はクリアです。

その次の段階として、大好きなことを見つけて、お金を交換しあう場所を作り、
ファンとその価値を分かち合います。

シンプルに説明すると、たったのそれだけですが、
ここまで行動に移す人はほぼいません(笑)

本田健さんは「大好きなことをやって生きよう!」と素晴らしい発想を
教えてくれますが、それゆえに、本のエッセンスを活かせる人が圧倒的に少ないのです。

当サイトでは「大好きなことを共有してお金持ちになる方法」を試した結果、

何がどう変わったかを公開しています!

大好きなことを分かち合おう

お金、恋愛、人間関係をうまくいかせるには?